FXのlotとは?計算方法を紹介!

↓クリックしていただけると励みになります!

  

かける
かける

どーも、かけるです。

資金管理において重要な「lot」という単位ですが、FXを始めたばかり方には理解しにくいですよね?

僕も始めたばかりの頃よく分からず、

  lotってなんだよ!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

ってなってました。

ということで、この記事では次のような疑問を解決していきます!

・そもそも「lot」って何かわからない!

・lotと損益の関係ってどうやって計算するの?

・適正なlotってどうやって決めればいいの?

ヒゲペン
ヒゲペン

はじまるよー!

FX取引における取引単位が「ロット(lot)」

FX取引では、トレード毎の取引単位をロット(lot)で表します。

1ロット(lot)あたりの取引数量はFX会社毎に定められており、1,000通貨や10,000通貨が一般的です。

10,000通貨のポジションを持つということは、ドルの場合「10,000ドル」分の取引を行うことになります。

ヒゲペン
ヒゲペン

使用するFX会社(ブローカー)によって、1lotあたりの取引数量が違うんだね!

かける
かける

そうだね。有名どころだとこんな感じで設定されているよ。

FX会社1lotあたりの取引数量
XM10万通貨
Gemforex10万通貨
DMM.com証券1万通貨
外為ジャパン1万通貨
スターリング証券1万通貨
ヒロセ通商1000通貨
OANDA Japan10万通貨
セントラル短資FX1000通貨
FXTF1万通貨

複数のブローカーを使い分ける場合は注意が必要ですね。

また、ブローカーによって最小取引単位も変わってきます。

僕が使っているXMは、0.01lot(1000通貨)からの取引可能です。

FX取引のロット(Lot)とは、取引数量のことであると覚えておきましょう。

lot数と値幅から損益を計算する

さてさて、lotとはなんぞや?ということは分かりましたよと。

ヒゲペン
ヒゲペン

実際1lotでトレードしたら損益はどんな感じになるの?

ここでは、1lotが10,000通貨の場合で見ていきましょう。

USD/JPYを1lot、105.000(○印)でロングしたとしましす。

レートが順調に上昇していき、105.100(★印)になったところで決済しました。

おめでとうございます!10pipsの利益です。

10pipsの変動というのは、「レートが0.1円変動した」ということですね。

このとき、実際の利益額は、

レート変動額×取引数量

で求まります。

つまり、今回のケースで言うと、

0.1円(レート変動額)×10,000通貨(取引数量)=1,000円

があなたの利益になるわけです。

残念ながら損切りとなった場合も計算の考え方は同じです。

クロス円の場合は上記の考え方でオーケーです。ドルストの場合も基本は同じですが、ドルで計算→円に直す際にUSD/JPYのレートが考慮される点は御注意ください。

自分のトレードに適正なlotを計算する

ヒゲペン
ヒゲペン

損益の計算方法は分かったけどさ。

どうやってlotを決めればいいのよ?

かける
かける

自分のトレードに適正なlotを知りたいよね。

こんな風に3ステップで決めることをおすすめするよ!

  1. 許容損失額を決める
  2. 損切幅を決める
  3. 適正lotを計算する

1.許容損失額を決める

まずは、1回のトレードで許容できる損失額を決めましょう。

総資金の何%という決め方をする人が多いです。

もう一つの観点としては、「損切しても心を保てる金額」にしておくことをおすすめします。

なぜなら、許容できない額に損切ラインを設定してしまうと、そのラインに到達する前に損切注文をずらす・外す等の奇行に走ってしまう人がいるからです。

かける
かける

ああ…耳が痛い……

ここでは、仮に許容損失額を20,000円としましょう。

損切幅を決める

続いて、損切幅を決めていきます。

エントリーしたいポイントからどれだけ逆行したらそのポジションをあきらめるのか、を決めるということですね。

例えば、ダウントレンド中にショートを狙っていくとしたら、「ダウントレンドの目線が崩れたときに損切をする」など、自分の想定から外れたことが起きたときに切ることが基本となります。

ちなみに、目線のつけ方はこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

FX初心者でも簡単!今日からできるトレンドの見極め方
今回はお待ちかね、「トレンドってどうやって見極めるのよ?」という話になります。 難しいインジケーターは何も必要ありません。ローソク足がすべて教えてくれます。

今回は20pips逆行したら損切としましょう。

適正lotを計算する

許容損失額20,000円と損切幅20pipsが決まりました。

これで適正lotを計算することができます。

損益とlot(取引数量)の関係は次の通りでしたね。

損益額(円)=レート変動額(円)×取引数量(通貨)

今回求めたいのは「取引数量」ですから、式を変換しましょう。

かける
かける

簡単な算数だからついてきてくださいね!笑

取引数量(通貨)=損益額(円)÷レート変動額(円)

今回のケースを当てはめると、

取引数量(通貨)

=20,000円(損益額)÷0.2円(レート変動額20pips)

100,000通貨

が適正lotとなります。

100,000通貨まではポジションを持っても良いということですね。

1lot=1,000通貨のブローカーであれば100lotまで、1lot=10,000通貨であれば10lotまでです。

こうして、実際のトレードにおける適正lotを決めることができます。

FX取引におけるlot計算は資金管理の第一歩!

資金管理は大事だよ!とよく言われますが、管理するための知識として必要なlotの計算方法をお伝えしていきました。

FXは「お金でお金を稼ぐ」ものです。つまり、FX口座に入れた資金は失うリスクにさらされているということになります。

大切な資産を守るためにも、資金管理の重要性を知り、御自身の資金力に合わせた無理のないlotでトレードすることを心掛けましょう!

資金管理の考え方については、以下の記事でも述べていますので御参照ください。

FXで退場しないための資金管理方法
FXで勝ち続けるために…というよりも、まずこの世界で生き残っていくために欠かすことのできない資金管理について、アウトプットしていきますよ。

それでは、今回は以上となります。

おつかれさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました