ローソク足と水平ライン ヒゲと実体の使い分け

f:id:kakeruFX:20200531220831p:plain

 ↓クリックしていただけると励みになります!

  

どーも、かけるです。

以前トレンド判断に関する記事を書きました。
読んで練習してくれた人もいるでしょうか?
 
すぐに行動に移せる人は成長も早いです。
僕もやはりガッツリ手を動かし始めてから、成長を感じました。
 
まだやってないよ!というFX初心者の方はぜひこちらを参考に過去チャート遡ってみてください。
 
 
で、やってみていろいろと疑問に思うこともあったのではないでしょうか?
 
例えば、
「ラインはローソクのヒゲ先と実体どっちに引くんだ!?」
とか
「ここの高値ヒゲでしか抜いてないけどアップトレンド発生と言っていいのか!?」
とか
 
実は皆さんに謝らなければいけないことがあります。
上記リンクの記事では”あえて”ここをぼかし書いていました。
抜いた抜かないを「波形ベース」で話していましたよ、と。
でも実際はこの「ヒゲか実体か」という議論抜きには語れないわけですね。
 
「最初から言えよ!」なんて怒らないでください。
前回記事の目的は、
トレンド判断の流れを掴むこと
でした。
そして、それを実践してみて、この「ヒゲか実体か」という壁にぶち当たってほしかったんですね。
 
ぶち当たって、疑問を感じて、考える。
このステップが成長には欠かせないのです。
 
はい。
ということで、今回は「ヒゲと実体の扱い方」について、持論をお話しようと思います。

ヒゲと実体どっちにラインを引くか

f:id:kakeruFX:20200531213312p:plain

 
あなたなら図のAとBどちらに水平ラインを引きますか?
 
先に僕の中での正解を言うと、Aに引きます。
 
なぜか?
 
ラインを引いたローソク足を抜き出して、こいつが出来上がるまでの過程を想像してみましょう。
 

f:id:kakeruFX:20200531214111p:plain

①でローソク足誕生。

②③と上昇していきます。
④で後々ヒゲ先となるAのラインに到達。
そこから少し下げて、Bのラインで足が確定。
という流れですね。
 
注目すべきは④です。
Aのラインに到達した後下げが入った。つまり、Aのラインでは”売り勢力”が優勢ということです。
対してBのラインは、買いと売りが一時的に拮抗している箇所です。
と、なれば、「ここを抜けたら完全に買いが強いな」というラインはどちらでしょう?
”A”ですよね。
 
はい。これが、高値・安値といった水平ラインをヒゲ先に引く理由です。
 
 

これって高値更新したの?

ラインをヒゲ先に引く理由は分かってもらえたかと思います。
 
では、次の模式図を見てください。
高値を抜いたと判断するのはA?それともB?
 

f:id:kakeruFX:20200531215244p:plain

Aはヒゲで高値を抜いていますが、実体は抜けていません。
Bは実体で高値をぶち抜きました。
 
これは簡単でしょうか。
正解は”B”です。
「実体が高値を抜いて確定した」時点で高値を更新したと言います。
 
先ほどの話と繋がりますが、
ローソク足実体で高値を抜いた=買い勢力が高値付近で待ち構えていた売り勢力に打ち勝った
ということなので、これで「高値を抜いたぞ!」と胸を張って言えるわけですね。
反対に、ヒゲでしか抜けていない状態というのは、まだ待ち構えていた売り勢力の方が強い状態です。
なので、ヒゲだけで高値更新だ!と判断してしまうと、逆行してしまうケースが多くあります。
 
 

ローソク足から相場参加者の心理を読み取る

このような感じで、ローソク足の形から相場参加者の心理を読み取ることが大事です。

大多数のトレーダーが何を考えているかを想像することは、トレード戦略を良くしていくためにも必要な作業です。

ということで、この目線を持って再度チャートと向き合ってみてください。

自分が持つ判断基準をどんどん明確にしていくことが、ブレないトレードをするための近道です。

↓↓かけるが資金を10倍にしたXM!口座開設はこちらから↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました