FX初心者でも簡単!今日からできるトレンドの見極め方

f:id:kakeruFX:20200505234503p:plain

 ↓クリックしていただけると励みになります!

かけるです。

今回はお待ちかね、「トレンドってどうやって見極めるのよ?」という話になります。

先日、トレードにおける目線固定の重要性を記事にしました。

www.kakerufx.com

「トレンドに沿ったトレードをしましょう」

という内容でしたね。

”トレンドを見極め、その方向に目線を固定する”

順番が前後してしましましたが、「ダウ理論を使ったトレンドの見極め方」について語っていきたいと思います。

難しいインジケーターは何も必要ありません。

ローソク足がすべて教えてくれます。

FX相場におけるトレンドとは?

相場には以下3種類のトレンド状態があります。

・アップトレンド

・ダウントレンド

・トレンドレス(レンジと呼ばれる)

模式図をつけると、下記のようになります。

f:id:kakeruFX:20200506093007p:plain

で、

今見ているチャートがこの3つのうちのどれに当てはまるのかを見極めましょう

というのが、今回のお話ですね。 

「ダウ理論」を用いて、このトレンド判断をやっていきます。

ダウ理論とは?

チャールズ・ダウさんが提唱した、相場の値動きを評価するための理論を「ダウ理論」と言います。

ダウ理論ってなんぞや?という話をし出すと、皆さんが一生ページをスクロールし続けねばならなくなるので、ここはwikiさんにお任せします。

ダウ理論 – Wikipedia

…理解できましたか?

初見だと「なんのこっちゃ?」ですよね。

wikiから6つの基本法則を抜粋しますよ。 

1.平均はすべての事象を織り込む
2.トレンドには3種類ある
3.主要トレンドは3段階からなる
4.平均は相互に確認されなければならない
5.トレンドは出来高でも確認されなければならない
6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

はっきり言って、全部大事です。全部覚えてほしいです。

そう言い切った上で、本記事では

6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

に着目してトレンドの見極め方を説明していきたいと思います。

ちなみに、ダウ理論を本気で学ぶなら、以前このブログでも紹介した「F-pedia」がおすすめです。

f-pedia.jp

非常にタメになる内容なので、これからトレードをやっていく上で一度は目を通していただきたいです。

が、これだけ噛み砕いて書いていただいても、やはり簡単には理解しきれないほど奥が深いのが「ダウ理論」です。

チャートを波形で捉える

f:id:kakeruFX:20200505222607p:plain

はい。

ある日のUSD/JPY 1h足チャートです。

このチャートを見て、現在トレンドがどうなっているか判断できますか?

………

……

できなくても結構です。

一緒にやっていきましょう。

まず、トレンド判断をする上で、ローソク足ベースでの値動きはちょっと細かすぎます。

ということで、もう少し簡素化してみるため、一つやりたいことがあります。

それは、

チャートを波形で捉える

という作業です。

いきなり貼ります。

どん。

f:id:kakeruFX:20200505222959p:plain

先ほどのまっさらなチャートに、高値と安値を結ぶ緑色の線を引きました。 

「一波はどういう基準で引くの?」ということが気になる方もいると思います。

がっかりするかもしれませんが、これには正解がありません

一つ言えるのは、自分の中で明確な基準を持って線が引ければOKです。

例えば、「陽線or陰線が二本以上連続したら一波とみなす」とかね。

こうすると、少しだけ最初に示した模式図に似ているように見えてきましたかね。

まずこれが第一段階です。

ここから、この波形を用いてトレンドを見極めていきます。

波形の山と谷に着目しよう

波形からトレンドを判断するために、着目すべきポイントがあります。

それは、波形の「山と谷」です。

このポイントがいわゆる「高値と安値」になります。

高値、安値にラインを引くと、次のようになります。

f:id:kakeruFX:20200505223915p:plain

赤いラインが高値、青いラインが安値ですね。

ここで、覚えてもらいたい言葉が2つあります。

戻り高値押し安値」です。

  • 戻り高値:波形が安値を更新した際の下降起点となった高値
  • 押し安値:波形が高値を更新した際の上昇起点となった安値

この2つが、トレンド判断をする上で、重要なポイントになります。

なぜなら、トレンド発生の条件は、

  • 戻り高値を付けた後、戻り高値自身を上抜けずに、安値を更新した。

   →ダウントレンド発生

  • 押し安値を付けた後、押し安値自身を下抜けずに、高値を更新した。

   →アップトレンド発生

だからです。

要は、この「戻り高値・押し安値を抜く」という動きが「明確なトレンド転換シグナル」になるわけですね。

先ほどのチャートに沿って、戻り高値、押し安値の動きとトレンドを見ていきましょう。

f:id:kakeruFX:20200505232053p:plain

ということで、今回のチャートの現在のトレンド状態は、

トレンドレス」となります。

このあと、Y-5を下抜けることなく、高値T-4を更新したらアップトレンド発生です。

f:id:kakeruFX:20200505233137p:plain

まとめ

どうでしたか?

やっていることはとても単純です。

高値・安値にラインを引き、それを抜くか抜かないかを見ていく

だけです。

難しかったでしょうか?

躓く人が多いポイントとしては、「波形の引き方」かなと思います。

本文中でも言いましたが、これには正解がありません。

自分の見方として、一貫して同じように捉えられれば良いです。

そして、迷いなく引けるようになるためには、数をこなしていくしかないです。

過去チャートを持ってきて、ガンガン波形を引いてみてください。

波形を引く→どこでトレンドが発生・終了しているかを見極める

という練習をしましょう。

そして、時間をおいて同じチャートでもう一度トレンド判断をしてみてください。

前回と同じように判断できていれば、「一貫して捉えられている」と言えます。

トレンド判断をし、目線を固定することは、勝ちトレーダーへの第一歩とも言えます。

ここは時間をかけて、手を動かして、じっくり身に着けていきたいですね!

——————————————————————————

僕が使用中のXM口座紹介記事はこちらから!

www.kakerufx.com

当ブログリンクから口座開設していただけた方に、

当ブログ限定特典「FX初心者 勝利の十カ条」を配布いたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました